書籍の紹介:学びを結果に変えるアウトプット大全

ブログを書こうと思ったきっかけの一冊です。

特に印象に残った内容としては、
・自分の成長に重要なのはインプットに加えてアウトプット(英単語を声に出して覚えるようなもの)
・ポジティブな内容を発信することが大切

実際アウトプットをしようと思うと整理する必要があったり理解が足りない部分が明確になったりと有益なことがありました。

社会人1,2年目はプレゼンこそする機会はあったものの、テーマが決まっていることが多く学習したことを誰かに説明する機会はありませんでした。同期も情報技術に興味がある人は少なく・・・一応IT企業だったのですが。

大学院生をやっていたのですが、恐らく自分はアウトプットの才能があまりないのではと思っています。特にしゃべりは下手くそです。もっと場数を踏んでいくようにしなければ、このまま苦手なままになりそうなので積極的に場数を踏んでいこうと思っています。
グループなどで発表する機会をもたせてもらったりなど・・・なかなかそういう場を見つけるのは難しいです。

このブログもまだまだ一人でつぶやいている状態ですが、Qiitaなどのサービスにも文章をどんどん書いていって、質の良い情報を送れるようになりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です